美白乳首クリームに含まれているトラネキサム酸が黒ずみを改善する

投稿者: | 2017年3月4日


乳首の黒ずみの主な原因はメラニンの色素沈着ですが、美容皮膚科・クリニックでの治療ではなく、自宅で乳首の黒ずみケアを行う場合には美白乳首クリームが効果的です。

そういった美白乳首クリームに含まれている美白成分の中でも、高い効果が期待できるのがトラネキサム酸というアミノ酸の一種です。
トラネキサム酸は黒ずみの原因となるメラニンの色素沈着に対して、情報伝達物質がメラノサイトに伝えられる前の段階でブロックしてメラニンの産生が増加するのを阻害するため、早い段階でメラニンの色素沈着の芽を摘む事ができる作用を持つ美白成分と言えます。

そのため、トラネキサム酸が配合されている美白乳首クリームを使う事で、メラノサイトの働きを弱めてメラニンが色素沈着するのを防ぐので、徐々に黒ずみを改善して理想的なピンク色のバストトップに導いてくれますし、トラネキサム酸はシミ・そばかす・肝斑にも有効だと言われている美白成分ですから、その美白効果はかなり期待できます。

乳首の黒ずみにお勧めの美白成分とは?

当サイトとしては、乳首の黒ずみのケアには、トラネキサム酸がとてもお勧めなのですが、ビタミンC誘導体やアルブチンがお勧めです。

ビタミンC誘導体は、リン酸型ビタミンCなどですが、ビタミンCを肌に浸透させやすくするための成分になっています。

抗酸化作用があり、シミだけであくニキビにもいいと言われています。美白乳首用クリームにホワイトラグジュアリーという商品があります。

ホワイトラグジュアリーには、3種類のビタミンC誘導体を使用しています。生ビタミンC(アスコルビル酸Na)や水溶性ビタミンC(リン酸アスコルビルMg)、油溶性ビタミンC(テトラヘキシルデカン酸アスコルビン酸)です。

3種類のビタミンがメラノサイトの発生源基底層まで浸透する事でケアをしています。

また、ある部珍という成分は、メラニン色素に作用するチロシナーゼ抑制作用です。

美白乳首のクリームの選び方とは?

美白乳首用のクリームの選び方は、やっぱり美白成分に何が配合されているかが重要です。天然の成分を使用したいのであればトラネキサム酸がお勧めです。

ビタミンC誘導体は、人工的な物なのであまりお勧めできません。感度にもよるのでこれが絶対にいいというのはありません。ビタミンC誘導体が悪いわけではないので誤解しないでください。

また、美白成分だけでなく保湿成分です。乳首は乾燥しやすい部位でもあるのでヒアルロン酸などの保湿成分がしっかりと配合されているかが重要になってきます。

だから、配合されている成分をしっかりと確認する事が大切になってきます。

自分では決められないという人は以下のサイトを参考にしてみるのもありだと思います・

参考URL:http://xn--fkqp18j1qa592e.net/entry13.html